相続の進め方① ‹2014/07/17›

「相続の進め方①」相続は、財産の多い少ないに関係なく、故人の財産について生じるもので、相続の問題は全ての人が避けては通れない事柄のひとつでしょう。相続の手続きを進める上では、「相続財産の把握・遺言書の...

遺言と遺言執行者 ‹2014/06/17›

「遺言と遺言執行者」業務の中では、将来の相続に備えて、遺言書を検討されている方の相談や、実際に相続が発生し、遺言書が遺されていた場合の相続手続きなどで、遺言書に関係するものがあります。遺言書の中では、...

行方不明者と遺言者 ‹2014/05/11›

「行方不明者と遺言書」 相続についてのご相談の中で、親戚の中に行方不明者がいる場合は、どうしたらよいのか、というご質問を受けることがあります。 相続が発生した場合、遺言書がなければ、通常は相続人の間で...

相続と会社の登記 ‹2014/04/13›

「相続と会社の登記」相続が発生すると、市町村への届け出の手続きから始まり、不動産・預金等を引き継ぐ手続きや財産を放棄する手続きなど様々な手続きがあります。相続手続の中で、少し注意したいものに、会社役員...

遺言と尊厳死宣言 ‹2014/02/10›

「遺言と尊厳死宣言」業務の中では、高齢者の方から、ご自身の今後の生き方に関わる様なご相談を受けることがあります。「遺言」は亡くなった後に自分の意思を実現するためのものです。これに対し、「尊厳死宣言」は...

年初めと遺産の把握 ‹2014/01/05›

「年初めと資産の把握」新しい年を迎え、今年一年の抱負や目標を考えるなど、自分を見つめる時間を持てた方も多かったのではないでしょうか。年の初めは、物事についての見直しをしたり、新たにスタートを切るなど、...

遺言の遺留分③ ‹2013/12/15›

「遺言と遺留分③」前回に引き続き、「遺言と遺留分」についてお話させていただきたいと思います。遺言を書いてみよう、と思う方には、一定の場合には、「遺留分」という最低限度の相続分があることを念頭に、遺言の...

遺言と遺留分② ‹2013/11/15›

「遺言と遺留分②」前回は、「遺言と遺留分」について、おおまかなお話をさせていただきました。今回は少し詳しく説明してみたいと思います。「遺留分」とは、一定の相続人に認められている権利で、遺言があっても法...

遺言と遺留分① ‹2013/10/14›

遺言の有効性について、相談業務の中では、色々と説明させていただいています。その中で一番多い質問は、「遺言を遺しても、全部その通りにはならないのですよね?」というものです。これは、「遺留分」という権利が...

民法の相続分規定 ‹2013/09/09›

今月も色々なニュースがありましたが、やはり一番気になったものは、「婚外子の相続分差別は違憲」とした最高裁判所の違憲判断が下されたことです。これは、結婚していない男女の間に生まれた婚外子の遺産相続分を、...

0 1 2 3