相続に関する手続きで、私たちがサポートさせていただいているものには、主に「不動産の相続登記」・「遺言の検認」・「相続放棄」などがあります。これらの手続きは、相続人の方から依頼を受けて、法務局や家庭裁判所に提出する書類の作成をします。

この場合、戸籍等を調査することから始まります。戸籍等の収集に時間のかかる複雑なケースや、短期間に手続きが進むケースなど、相続の手続きは、ケースによって様々です。

お客様の中には、これらの手続きが終了した際に、受け継いだ相続財産や、ご自分の財産を次の世代にどのように相続させるか、真剣に考えられる方もいます。その場合、遺言をお薦めすることもあります。相続手続きがご自分の遺言を残すきっかけになるけになることもあるようです。

 

司法書士 眞鍋京子