【質問】

 

 

 私は70歳で一人暮らし、身寄りがありません。将来の生活に不安を覚えています。後見制度を活用して不安を解消できるでしょうか。

 

【回答】

 

 

 

 一人暮らし、身寄りがないとなれば、将来、病気になったりひとりで生活できなくなったりした時にどうすればよいのか、不安がありますよね。そのような時に検討するのが任意後見制度です。

 任意後見制度は、将来の「もしも」に備えて、いま契約しておくものです。将来、認知症になったら、入院の手続きや財産の管理や老人ホームの契約を他人に頼む必要が出てきます。それを行うのが任意後見人です。元気な今のうちから将来に備えて、頼んでおくのです。それは重要な契約となるので、公正証書(公証人が作成する書類)で作らなければなりません。頼めそうな人がいればお願いしてみるのも方法のひとつです。ただし、制度や契約の内容は、法的なことが多分に含まれますので、公証役場や司法書士、弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。

 頼む人が見当たらない場合には、専門家に頼むことができる場合があります。財産管理や契約を専門家に頼めるのは安心ですね。しかし、頼むことができる範囲には限りがあるし報酬も発生するので、その点も確認する必要があります。

 専門家に知り合いがいなければ、役場の高齢者担当の部署で相談にのってくれると思います。自分の大切なことを任せることになるので、ある程度長い時間をかけて検討するのが良いと思います。

 

                                司法書士 田中裕志