「相続と会社の登記」

 

相続が発生すると、市町村への届け出の手続きから始まり、不動産・預金等を引き継ぐ手続きや財産を放棄する手続きなど様々な手続きがあります。

相続手続の中で、少し注意したいものに、会社役員の死亡による役員の変更手続きがあります。故人が会社を経営していた場合には、会社の登記の確認が必要です。

不動産の相続登記について、期限があるのかどうか質問を受けることがあります。相続についての不動産登記には、期限はありません。ただし、早めに登記をしておいた方が良いケースもあります。

これに対し、役員の死亡に伴う会社の登記には、法律上の期限があります。この様な場合、相続人の方だけは、手続きが難しいときには、専門家への相談が有効です。

 

司法書士 眞鍋京子