数年前から「成年後見人」という仕事をさせていただいています。

高齢により認知症などになった方の財産管理をする仕事です。

きっかけは紹介が多いのですが、正式には家庭裁判所により選ばれます。

何人かの高齢者の方とお付き合いして感じるのは、様々な性格や環境の方がいらっしゃるということです。

十人十色といいますが、まさにそのとおりです。

今まで生きてこらえた積み重ねで現在があるわけで、それは当然と言えば当然なのですが、しみじみと感じています。

自分は、その方々の半分くらいの年齢ですが、この先どういう人生を歩んで老後を迎えるのだろうと自然に考えます。

高齢者の方と接していると、そう考えるきっかけを与えていただけます。