自分らしさの実現

お正月には、遠くに住んでいる親族も集まり、賑やかな時間を自宅で過ごしました。私の両親も、孫が生まれ、すっかり「おじいちゃん・おばあちゃん」と呼ばれる年代に入っているのを見ると、不思議な気持ちになります。まだまだ若いと思っていても、老後はそう遠いことではないようです。

仕事では、「相続」や「後見」に関係する業務に携わっているのですが、特に故人の不動産の名義書き換え、高齢者の方の財産管理や遺言書作成のお手伝いなどをさせて頂いてます。

身内などの周りの人に、本人らしい老後の生活の実現を願うように、仕事で係わる高齢者の方々にも、後見や遺言書作成の業務を通して、老後の生活や死後の財産の処分などの局面で「自分らしさの実現」が叶うよう、お手伝いさせて頂きたいと思っています。