「遺言書」のススメ

 

 これまで、何度か遺言書の重要性について、説明させていただきました。 残された親族間のトラブル回避のための遺言書が、一番需要が高いと思われます。

 

 それに加え、家族間にトラブルがなくても、遺言書を是非お勧めしたいケースがあります。それは、相続人の間で、相続についての話し合い(遺産分割協議)が事実上できない場合です。

 

 例えば、相続人の中に、未成年者がいる場合や判断能力の低い方(認知症の方・知的障害者の方など)がいる場合です。この場合、遺言書が無いと、遺産分割協議をするために、裁判所の手続きが必要になります。

 

 日々、相続手続きに携わっていると、遺言書の重要性の認識は高くなっていきます。財産を引き継ぐ人をあらかじめ決めておける遺言書は、大きな味方となります。

 

司法書士 眞鍋京子