「相続と相続登記」

 相続登記についてのご相談を受けていると「相続登記は必ずしなければならないものなのか?」と聞かれことがあります。この場合「必ずしなければならないきまりはありません」とお答しています。ただし、相続登記はできるだけした方が良いとアドバイスしています。

 相続登記をしないでおくと、相続人が亡くなる度に、相続人の数が増えていきます。そして、実際に相続登記をしようと思った時には、増えてしまった相続人の了解が得られず、相続登記が難しくなるケースも考えられるので要注意です。相続した不動産の売却などを将来行う可能性がある場合は、登記しておいた方が良いでしょう。

 相続登記は、亡くなった直後に必ずしなければならない手続ではありませんが、ゆくゆくはしておいた方が良い大事な手続でもあります。

 司法書士眞鍋京子