「先祖と相続」

 8月に入り、お墓参りやお盆休みで、久しぶりに親族が集まり、みんなで顔を合わせる機会が多かったのではないでしょうか。また、お墓参りやお盆での先祖を祀る行事の中で、先祖を身近に感じる機会もあったと思います。ずっと昔から、今の自分の代まで繋がっていて、これからもまた繋がっていくと考えると、不思議な気持ちにもなります。

 相続は、その繋がりの中の一部です。業務では、「お盆の親族が集まる機会に、相続についての話し合いをしたいので、相続について知りたい」との問い合わせを受けたことがありました

 相続で受け継いでいくものや、受け継ぐ方法は、それぞれの相続のケースで異なります。先祖を偲びながら、相続について、親族間できちんと話し合いができる機会が増えればいいなと思います。

司法書士 眞鍋京子